INTERVIEW

現代社会が直面するさまざまな課題の解決を通じて、社会に貢献できる女性の育成を目指す総合政策学部。 新学部のキーワードである課題解決をめぐり、
総合政策学部長に就任予定である萱野稔人教授が各分野の女性リーダーたちと対談をします。第3回のゲストは岩田喜美枝さん。その後編を掲載します。

INTERVIEW 03

「もっと良くしたい」本気で思う マルチトラックで貪欲に 岩田 喜美枝さん(公益財団法人21世紀職業財団 会長)-後編-

岩田 喜美枝 氏 略歴
1971年 東京大学教養学部卒業。同年 労働省入省。厚生労働省雇用均等・児童家庭局長を最後に2003年退官。 同年 株式会社資生堂に入社。取締役執行役員、取締役常務を経て、2008年 代表取締役副社長に就任。2012年~2016年 同社顧問。
【現在の主な役職】
キリンホールディングス株式会社 社外取締役。日本航空株式会社 社外取締役。株式会社ストライプインターナショナル 社外取締役。公益財団法人21世紀職業財団 会長。津田塾大学 理事。公職としては内閣府男女共同参画会議議員、東京都監査委員、神奈川県男女共同参画会議会長等。
【主な出版物】『女性はもっと活躍できる』(共著)21世紀職業財団、2015年
萱野
社会の変化を洞察する力は会社のトップだけでなく、働く人すべてに必要な力かと思います。これはどのように身に着けられるでしょう。
岩田
その組織が持っている価値観や情報しかないと、そもそも課題は見えないと思います。「これ、おかしいんじゃない?」と思えること、つまり課題を発見する力というのは、外といかにつながっているかにかかっています。それから、現状肯定だと課題発見はできません。常に「この会社をもっと良くしたい」、行政でしたら「この国をもっと良くしたい」と本気で思っているかどうかです。資生堂で、私はやりたいこと、やるべきことはすべてできました。それはだれにも負けないぐらい、会社のことを愛し、会社を良くしたいと思っていたことを、周りも感じてくれたからだと思います。
萱野
一方で組織のなかにいると、その組織に適応し、仲間とうまくやっていくことも大事です。組織のなかの関係維持が、変革する力を失わせる面もあるのではないでしょうか。とくにいまの女子学生は周囲にとても気を遣う。それは良いことでもありますが、一歩踏み出す力をそいでいるかもしれません。
岩田
私が資生堂に迎えられたとき、当時の役員は生え抜きの男性ばかりでした。なぜ私なのか。それまで行政でしてきた異なる経験、そして女性としてのいろいろな経験、価値観があるから迎えてくれたのだと割り切り、少数意見を恐れずに言う覚悟を決めました。いまどこの企業でもダイバーシティを意識し、女性の採用を増やしています。しかし、女性が男性社員と全く同じことを言ったり行動したりするのでは、なんのために採用されたかわかりません。マイノリティーである者はマイノリティーとしての意見を言わないといけない。ただし、建設的に。そうでなければ犬の遠吠えで終わってしまいます。
萱野
惰性で過ごすうちに、いまのままのほうが心地よい、と思ってしまう人も多いと思いますが、岩田さんのエネルギーの源はなんですか。
岩田
私の人生観、職業観だと思います。視野に入っているのは、せいぜい日本社会ですが、社会をもっと良くしたいという思いは子どものときからあったので、仕事をするということは、人生の意味とイコールなのです。労働省時代、思うように仕事ができなかったときでも辞めずに頑張れたのも、仕事をするのは「経済的動機」や「自分の成長のため」だけではなく、いい仕事をすれば組織の役にたつし、その先に国民のみなさんがいると、自分を鼓舞できたからでしょうね。
萱野
女子学生にメッセージをお願いします。
岩田
これから生きていく長い人生は、まずシングルトラックではなく、ダブルトラック、マルチトラックで生きてほしい。仕事だけとか、専業主婦になって家庭だけ、というのではなく、仕事も家庭も、できればそれ以外の活動も、という人生設計にしてほしいです。これからどんな世の中になっていくかわかりませんので、リスク管理の面からも柱は1つじゃないほうがいい。1回しかない人生。我慢せず、貪欲になっていいんですよ。それから、就職するとき「やりたいことがわからない」と悩む人が多いのですが、わからないのが普通です。どんな業種、会社、仕事でも、それぞれの仕事におもしろさもあれば、つまらないこともある。とにかくどこでもよいから就職をして、5年頑張れば一つのキャリアになります。それでどうしても合わなければ転職すればいいのです。
萱野
大学を出て3年以内で離職してしまう若者はここ数年、3割を超えていますよね。
岩田
会社の名前を語りたいので、1部上場の有名企業なら非正規雇用でいい、と考える人がいるかもしれませんが、いったん非正規雇用になるとキャリアはほぼ築けません。中小企業は常に正社員を募集しているわけですし、いまの大手企業も数十年前まではどこも中小企業でした。ですから企業の規模とか知名度ではなく、雇用形態にこだわってほしいです。プライベートに関して言えば、出産を先送りしないこと。キャリアを築きたい女性は、出産の時期を先送りする人が多いと思いますが、そのことで不妊などいろいろな困難も起きます。20代は会社が投資し、育成している時期なので、ここで出産されると会社は困る。30代の中堅どころで出産されても困る。いつだって会社は困るわけなので、それよりも自分の体のことを科学的に理解して、できるだけ早く出産してほしいです。
萱野
キャリアというのは長い目で見ることが大事ですよね。予想外のこともいろいろ起きますし。
岩田
思い描いていてもその通りにはならない。キャリアは不本意なものだと20代、30代で悟りました。しかし、いろいろなことがあっても引退する時点で「振り返ってみるとこれでよいか」と思えれば最高にいい。個人ができることはいたってシンプルです。だれもができることだから、だれもがやるべきことというのは、目の前の仕事を最高にいい仕事にすること。それを心がければ、結果としてキャリアは築けます。
萱野
目の前の仕事に全力投球し、その積み重ねがキャリアになるということですね。
岩田
世の中はどんどん変わっていくので、いろいろな経験をすること、いろいろな人と会うこと、そして学習する楽しさを知っていることが大事です。いま見えない課題がいっぱい出てくるこれからの世の中、リベラルアーツ、つまり本当に深い教養、人間としての基本的な力がこれから必要とされます。それから、英語とITの能力。これを4年間でできるだけ身に着けてほしい。津田塾大学の新学部で取り組もうとされているのは、まさにこうした教育なのだと期待しています。学生のみなさんは、おもしろいと思う授業があったら、とことんのめりこむと良いですね。